「Jetpack」導入後の添付画像の管理

先日導入した「Jetpack」。

その中の「Photon」という機能は、
特に画像を多く使うサイトでは真価を発揮しやすく、
超高速でコンテンツを配信できるというメリットがあります。
ヾ(⌒▽⌒)ゞ

ですが、その後のブログを書いていて画像を貼り付けたとき
リンクで開く画像
があまりにも小さいので、
元を大きくして張り直しまし

(´・ω・`)なにこれ・・・
元の画像サイズが大きいのに「以前の画像サイズのまま」じゃん!
٩(๑`н´๑)۶おこ

なんということでしょう!

Photonのデメリット
キャッシュが永久的にクリアされない!

 

そうなのです。
同じ名前で何回画像を更新しても、どれだけ元のサイズを大きくしても、最初のサイズのままなのです。
つまり、「名前を変えて再アップロードしないといけない」のです。

気にならなければいいのですが、「画像の精度が悪くなる」のもデメリットですね。

まあ、このブログは今のところはまだいけるようですね。

画像にこだわらなければいけないブログでは「Photon」はだめかもしれません。

スポンサーリンク

2017-03-12 広告追加